チップ不足で自動車メーカーは機能削除を余儀なくされる

By: SiliconExpert 2021年11月22日

収益報告によると、自動車メーカーは2020年と比較した場合、第3四半期に最大で21%の売上高を失っていることがわかりました。世界的な半導体チップ不足による収益減に対抗するため、自動車メーカーは現行の自動車ラインナップから人気のある電子機能を削除しています。

チップ不足の中、大手自動車メーカーが急増する需要に対応するためにどのような舵取りをしているのか、消費者とOEMメーカーの双方にとって、最新の情報を入手することが重要です。多くの自動車は、特定のハイテク機能を搭載しないことで、製造時に必要なチップの数を減らしています。例えば、現代の自動車は、製造に2000個以上の半導体チップを必要とします。これらのチップの多くは、ドアのロックやアンロックなど、1つの機能を制御しています。長期的なソリューションを開発するために、Nvidiaはメルセデスやボルボと提携し、複数の機能を制御できるハイエンドチップを製造していますが、実現には時間がかかると思われます。

電子機能を一時的に削除する自動車メーカーのリスト:

ベーエムベー
  • タッチスクリーン - ドイツの高級ブランドは、センターディスプレイのタッチスクリーン機能を一時的に削除しました。対象車は、3シリーズセダン、4シリーズクーペ、コンバーチブル、グランクーペ、Z4、およびすべてのX5、X6、X7 SUVです。なお、iDriveやボイスコントロールなどの代替入力は可能です。
  • パーキング・アシスタント- タッチスクリーンの取り外しの影響を受け、パーキング・アシスタントを注文した車両は、BMWのバックアップ・アシスタント・テクノロジーを含むこの機能を失うことになります。

BMW パーキングアシスト例 G30 5シリーズ 530i 540i 550i M5 2021年式

画像はイメージです:2020年モデルの5シリーズに搭載されたBMWのパーキング・アシスト・テクノロジーの例。この機能は、タッチスクリーンと同様、2021年に注文された車では利用できなくなります。

ゼネラルモーターズ
  • スーパークルーズ- GMは、一部の高速道路でハンズフリー運転を可能にしたフラッグシップSUV「エスカレード」から「スーパークルーズ」を一時的に削除する。CT4およびCT5セダンへのスーパークルーズの完全リリースは、2022年まで延期されます。
  • HDラジオ- GMがこの機能を提供するために必要なチップ依存のハードウェアを調達できなかったため、このHDラジオオプションは廃止されます。2021年モデルのChevrolet Silverado 1500とGMC Sierra 1500、および2022年モデルの2500と3500のヘビーデューティピックアップトラックの複数のトリムが、この変更の影響を受けることになりました。影響を受けるトリムは以下の通りです:Silverado LS、RST、LT、Trail Boss、LTZ、High CountryとSLE、SLT、Elevation、AT4、Denali Sierra。
  • シートヒーターとステアリングホイール- GMのSUVとピックアップのほとんどは、シートヒーターとベンチレーションを失います。これには、Chevrolet Silverado、Traverse、Blazer、Equinox、GMC Sierra、Acadia、Canyon、Terrainが含まれます。また、ステアリングヒーターも廃止される予定です。
  • ワイヤレス充電- この機能は、一部の車両で利用できなくなります。影響を受けるモデルは、2021年型シボレー・タホ、サバーバン、GMCユーコンのSUV、および2022年型ビュイック・エンクレイブ、シボレー・トラバース、キャデラックXT5、XT6です。
メルセデス・ベンツ
  • プレミアムオーディオ、LEDライト、充電パッド- これらの機能は、2021年の早い時期に削除されました。これらの機能には、ワイヤレススマートフォン充電、ハンズフリーリアアクセスシステム、一部のLEDヘッドライト、および一部のプレミアムオーディオシステムの削除が含まれていました。
ポルシェ
  • 電動ステアリングコラム調整 - ポルシェは、この機能を搭載した車を注文された方と連絡を取り合い、手動ステアリングコラムの調整機能付きに交換する予定です。お客様は、部品が再び入手可能になり次第、電動ステアリングコラムを後付けすることができます。
テスラ
  • 助手席ランバーサポート- 2021年5月、TeslaはModel 3とModel Yの助手席のオプションからランバーサポートをひっそりと削除しました。CEOのElon Muskは、会社のログからこの機能の利用が非常に少ないことが判明し、取り付け続けるコストに見合わないという主張を発表しました。
  • USBポート- モデル3およびモデルYのセンターコンソール後部にあるUSB-Cポートが削除された。
プジョー
  • デジタルメーター- フランスの自動車メーカー、プジョーは、プジョー308ハッチバックのデジタルメーターを、旧式のアナログスピードメーターに変更しました。影響を受けるのはこのモデルだけです。
フォード
  • 衛星ナビゲーション- フォードは一部のモデルで衛星ナビゲーションを削除しますが、これは一時的なものであり、ドライバーはこの機能を後付けするオプションがあることを発表しています。
ニッサン
  • 衛星ナビゲーション- 日産は新車にナビゲーションシステムを搭載せず、ドライバーにこの機能を後から追加する機会を与えるかどうかは確認していません。

 

サプライチェーンイベントの最新情報をお届けします。

このようなサプライチェーンの変化について、いち早く知ることができます。グローバルなサプライチェーンの問題により、製品の納品が数ヶ月から1年遅れることがあります。今日の市場の状況を考えると、最新の業界ニュースにアクセスし、自社の部品が高いリスクにさらされているかどうかを把握することが極めて重要です。サプライチェーンの問題を軽減するために、代替の工場や部品を調達することができます。

サプライチェーンモジュールの詳細については、SiliconExpert サポートエージェントにお問い合わせいただくか、下記までご連絡ください。

SiliconExpert 赤いボタン お問い合わせ

 

 

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3