製造業に影響を与え続ける中国のゼロ・コビッド政策

By: SiliconExpert 2022年3月24日

2022年3月24日- 中国のCOVIDゼロ政策は、一般電子機器および自動車部品業界の主要メーカーの生産努力に大きな影響を与え続けています。

この政策により、重要な製造拠点である深圳と長春では操業停止を余儀なくされています。すでに緊張している世界のサプライチェーンに加え、iPhoneから自動車に至る電子部品の製造・開発に大規模な遅れが生じているのです。

深センはテクノロジーの中心地で、United Microelectronics Corp(UMC)、サムスン、Foxconn(AppleのiPhoneトップメーカーの1つ)などがあります。一方、長春にはフォルクスワーゲン、トヨタ、第一汽車グループなど、世界最大級の自動車製造工場があります。両市の工場は、地元当局がCOVID-19の封鎖を解除するまで操業を停止しています。

 

ロックダウンの影響を受けた主なサプライヤー
  • テンセント
  • ファーウェイ・テクノロジー
  • フォックスコン
  • バイディ
  • フォルクスワーゲン
  • トヨタ
SiliconExpert 。

SiliconExpert は、ロックダウンやその他のCOVID-19 関連のサプライチェーンイベントを監視し、貴社のサプライチェーンに対する潜在的リスクの特定に役立てています。 貴社のBOM 内の部品を生産するメーカーや企業を監視しています。このツールを使ってリスクを評価し、代替案を見つけることで、生産ラインの遅れを回避できる可能性があります。

SiliconExpertのサプライチェーン・リスクマネジメント・ツールが、お客様のビジネスを軌道に乗せるためにどのように役立つか、詳細をご覧ください!

SiliconExpert 赤のCTAボタン 詳細ボタン 透明背景

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3