チップメーカーの値上げでエレクトロニクス価格が急騰

By: SiliconExpert 2022年7月27日

インテル、クアルコム、マーベルなどの大手チップメーカーが、主力製品の価格上昇を顧客に通知し始め、この価格上昇は消費者に伝えられることになります。

私たちは、超コネクティビティの時代に生きています。私たちが所有するほぼすべてのデバイスがコンピュータです。冷蔵庫から車まで。つまり、新しい携帯電話、ノートパソコン、タブレットなど、処理能力を必要とする機器を購入するたびに、その機器を機能させるために不可欠なチップも購入することになるのです。

COVID-19パンデミックの発生以来、エレクトロニクス市場は世界的なチップ不足に陥り、世界中の製造・生産ラインを根底から覆す事態となっています。サプライチェーンの懸念は、ロシア・ウクライナ紛争、世界的なエネルギー価格の高騰、原材料価格の上昇によって悪化する一方です。

 

チップメーカーが値上げ

インテル、マーベル、TSMC、クアルコムなどの主要チップメーカーが、近い将来訪れる値上げについて顧客に通知しており、一部は早ければ2022年8月に訪れるとされています。これらの値上げの主な理由は、世界的なチップ不足の継続とさらなるサプライチェーンへの懸念です。

専門家は、場合によっては10~20%の増加の見込みと予想しています。 

 

投資とサプライチェーンへの影響の把握

業界の継続的な投資とサプライチェーンの混乱に対抗する努力にもかかわらず、チップメーカーは値上げを余儀なくされています。

SiliconExpert は市場における業界の変化をモニターし、貴社のBOM に変化を警告します。具体的には、グローバル・メーカーやチップ・メーカーが値上げを余儀なくされ、貴社のサプライ・チェーンや調達リスクに直接的な影響が出た場合などです。

BOM Managerを使用すると、BOM 健全性リスクアラートを確認できるようになる。これは、BOM に障害のリスクがある部品が含まれている場合、在庫レベルが低下した場合、または部品が陳腐化により突然使用できなくなった場合、自動的にユーザーに通知するもので、コンプライアンスに対応している。

トピックを探る

3