米国議会がCHIPS法を可決

By: SiliconExpert 2022年7月29日

米国議会が「CHIPS and Science Act」を可決し、数十億ドルの投資枠が設けられ、アメリカにおける半導体産業の存在感を高める道が開かれました。

半導体産業協会によると、米国に所在する近代的な半導体製造能力の全体シェアは、1990年の37%から現在は12%に低下している(2022)。その主な原因は、他国がチップ製造のインセンティブに意欲的に投資しているのに対し、米国政府がそうしていないことにあります。

2022年CHIPS法は、米国におけるチップ製造産業の再活性化に焦点を当て、チップと公衆無線サプライチェーンの革新のために540億ドルの投資を割り当て、そのうち390億ドルは米国内の半導体施設の建設、拡張、近代化のための資金援助に充てられます。また、法案には半導体製造産業への投資に対する25%の税額控除が含まれています。

業界の重要なアップデートを常に把握する

エレクトロニクス業界は常に変化しており、金融資本が新たに流入することで、製造・加工現場にも変化が生じると思われます。

SiliconExpert は市場における業界の変化をモニターし、貴社のBOM に変化を警告します。具体的には、グローバル・メーカーやチップ・メーカーが事業や生産能力を拡大する場合、これは貴社のサプライ・チェーンや調達リスクに直接的な影響を及ぼします。新たな製造拠点や新たな調達機会の追加は、マルチソーシングの選択肢を増やし、利用可能な在庫を増やすことで、リスクを低下させます。

BOM Managerを使用すると、BOM 健全性リスクアラートを確認できるようになる。これは、BOM に障害のリスクがある部品が含まれている場合、在庫レベルが低下した場合、または部品が陳腐化により突然使用できなくなった場合、自動的にユーザーに通知するもので、コンプライアンスに対応している。

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3