EU、ロシア産原油の輸入を禁止

By: SiliconExpert 2022年6月2日

2022年5月30日(月)、欧州連合(EU)首脳は、加盟27カ国全体へのロシア産原油の輸入を禁止した。ロシアの石油輸出の3分の2以上はEU向けであり、ロシア経済にとって壊滅的な打撃となる。

 

ロシアからの全石油輸入の90%が年内に遮断される

EUの行政府の長であるウルスラ・フォン・デア・ライエンは、この制裁によって "年末までにロシアからEUへの石油輸入の約90%を事実上削減する "と述べた。

禁輸措置は、海上輸送されるロシアの石油を対象としているが、ドゥルジバ・パイプラインによる輸入は一時的に免除されており、ロシアの石油に大きく依存しているハンガリーにとっては重要な譲歩である。

海上輸入の禁止は、原油については6ヶ月、精製品については8ヶ月の段階的導入期間を設けて実施される予定です。

 

ロシアの銀行や国営放送も放送禁止に

EU首脳はまた、ロシア最大の国営銀行であるスベルバンクをSWIFTシステムから切り離し、ロシアの国営放送3社を禁止することを発表した。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、「(ロシアの放送局は)ケーブル、衛星、インターネット、スマートフォンアプリなど、どのような形であれ、EU域内でコンテンツを配信することはもう許されない」と述べています。

EU理事会のシャルル・ミッシェル議長は、EU首脳がウクライナに90億ユーロ(約97億円)の支援策を提供し、戦乱の国の経済を支援することでも合意したと発表した。この資金が補助金か融資かは不明である。

 

重要なリソースとコンポーネントを監視し、サプライチェーンのリスクを低減します。

サプライチェーンマネージャーは、地政学的な事象に対応するサプライヤーやメーカーを注視することが重要です。部品や原材料がこうした出来事の影響を受けないようにすることは、製造業が混乱しないようにするために重要なことです。

SiliconExpertのサプライチェーン・リスクマネジメント・ツールにより、サプライチェーンおよび調達マネージャーは、ロシア、ウクライナ、その他密接な関係にあるあらゆる場所のテスト、組立、製造拠点を監視することができます。機械学習を使用して、過去のデータと傾向から予測インテリジェンスを学習し、洞察を得ることができます:

  • 価格設定
  • リードタイム
  • インベントリーレベル

これにより、部品や電子製品が大規模な紛争によってどのような影響を受けるかについて完全に理解することができます。

SiliconExpertの部品検索およびBOM マネージャーの無料トライアルをご利用いただき、サプライチェーンリスクマネジメントツールの無料デモをご請求ください!

SiliconExpert 無料トライアル

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3