インテル、タワーセミコンダクターを54億ドルで買収へ

By: SiliconExpert 2022年3月7日

2022年3月7日 -インテル株式会社は、アナログ半導体ソリューションの大手ファウンドリーであるタワーセミコンダクターを、1株当たり53ドルの現金で買収することを発表しました。 この買収は、総額約54億ドルの企業価値となります。

チップ製造および半導体業界全体がかつてないほど世界的に不足している中、この買収はポジティブな変化の可能性を示しています。インテルによるタワーセミの買収は、業界の空前の需要に対応するための製造能力の拡大を支援することで、インテルのIDM2.0戦略を大きく前進させるものです。

本取引は12ヶ月以内に完了する予定であり、その間、Towerは独立した企業として事業を継続する予定です。取引完了後 インテル ファウンドリー サービス(IFS)とタワーセミは統合され、1つのファウンドリービジネスユニットになる予定です。

買収の影響

SiliconExpert 、この買収が世界の半導体市場にどのような影響を与えるのか、重要なポイントをまとめた。

  • 成長する半導体需要に対応するため、グローバルに多様なエンド・ツー・エンドのファウンドリーを構築する。
  • インテルがファウンドリーサービスの主要プロバイダーになる道を加速させる
  • インテルの最先端ノードとスケールマニュファクチャリング、タワーの特殊技術を融合させる
サプライチェーンに関する最新情報をお届けします。

新しいサプライチェーンモジュールは、ユーザーの業界や製品に合わせてカスタマイズされた自動アラートを送信し、業界に影響を与える幅広いニュースへのアクセスを可能にします。これは、リスク予測や、生産数と需要を満たすためにサプライチェーンを調整する上で非常に有効です。

サプライチェーンモジュールの詳細については、以下をご覧ください。 https://www.siliconexpert.com/supply-chain/をご覧ください。

SiliconExpert 赤いボタン お問い合わせ

 

 

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3