アップル、iPhone 14の製造をインドに移す

By:2022年10月6日、ヴィクトリア・クロス

アップルは、最新機種であるiPhone 14の生産をインドに移し、中国からの生産シフトを図ることを発表しました。 国立標準技術研究所による2021年の製造業統計に関する報告書によると、中国は世界の製造業の30%を所有しているため、これは大きな変化を示しています。

Appleは2017年から、旧バージョンのiPhoneをインドで製造しています。しかし、iPhone 14は、インドのチェンナイ近郊にあるFoxconnのSriperumbudur工場で、初めて新しいiPhoneが製造されることになります。

 

中国の厳戒態勢をインドがどう活用するか

中国、特に北京は、世界の多くが平常に戻ったにもかかわらず、COVID-19の復活の重圧に苦しみ続け、厳しいロックダウン政策を実施しています。中国のCOVIDゼロ政策は、中国全土の生産に支障をきたし、多くの企業のサプライチェーンに大きな影響を及ぼしています。

中国が閉鎖的な問題に悩まされ続ける一方で、インドや米国を含む他の国々は、国内のチップ製造を強化することを決定し、半導体業界へのインセンティブを敷き、製造拠点の移転への関心を高めることに成功しています。Appleはすでに、iPhoneのシェアが3.8%にとどまるインドで売上を伸ばす理由を探し始めている。iPhoneの市場シェアが3.8%しかないインドで、アップルはすでに売上を伸ばす理由を探しています。テックジャイアントのフルサイクル生産をインドで行うことは、Win-Winの解決策になりそうです。

SiliconExpert 中国と台湾以外の国々では、地政学的なサプライチェーンの混乱が続いているため、チップ製造の移転に関する新たな最新情報に注意する必要がある。

 

中国以外でのチップ生産の拡大は、何を意味するのか?

現在、中国と台湾は合わせて世界の半導体の70%を担っています。インドや米国などの国々が自国の半導体産業に投資しているため、今後数年間はサプライチェーンに変化が起こることが予想されます。グローバルな製造とチップ製造をさまざまな国に分散させることで、エレクトロニクスのサプライチェーンにかかる負担と混乱のリスクを最小限に抑えることができます。

SiliconExpert は、エレクトロニクスおよび製造市場の主要な動向を監視し、部品表 (BOM) のリスクを警告します。BOM Manager を使用すると、BOM に在庫の減少やリードタイムの増加など、混乱のリスクがある部品が含まれている場合に通知されるBOM 健全性リスクアラートを確認できます。

BOM マネージャーの詳細については、以下をクリックしてください:

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する