日本の地震が製造業に打撃を与える

By: SiliconExpert 2022年4月8日

2022年4月8日- 3月16日に3月16日3月16日、マグニチュード7.4の地震が東北地方の福島県沖で発生し、数千人が停電になりました。この地震により、225名以上の死傷者が発生し、鉄道輸送や製造工場などの主要なビジネスおよびインフラシステムが停止しました。

マグニチュード9.1の「東日本大震災」以来最大となるこの地震の影響は、広範囲に及んでいます。福島は、自動車産業、スマートフォン、コンピューター、メモリーなどの部品を生産する、世界のエレクトロニクス産業の一大製造拠点です。この地域の多くの工場は、被害を修復するために一時的に活動を停止しています。

 

メーカー震災の影響について
事業内容地震の影響
ルネサスエレクトロニクス 高崎工場、米沢工場、那珂工場の半導体3工場で生産停止を実施。

- 高崎工場と米沢工場は3月23日から、那珂工場は3月26日から生産を再開していますが、仕掛品の破棄や減産により、約2~3週間分の損失が発生しています。
村田製作所 登米工場、仙台工場、郡山工場、本宮工場、東北工場の操業を停止。
ソニー宮城県の2工場と山形県の第3工場で生産停止。これらの工場では、記憶媒体、レーザーダイオード、イメージセンサーを生産しています。
トヨタトヨタ岩手・宮城工場、3月17日(木)の一部で操業停止。
ニッサン 福島県いわき市の工場での生産を停止。
キオキシア北上市の3D NANDフラッシュ新工場の生産を停止。
明光電気工業株式会社 東北の3工場(福島、山形、石巻)の生産を停止した。
株式会社SMC 筑波、矢祭、東濃の各工場で被害があった。
シンエツ 信越化学および信越グループ会社の一部工場が操業を停止しました。
ジャパンセミコンダクター(株 工場の稼働を停止

-3月17日に一部生産を再開し、3月22日に本格的な生産に戻る。
エネオス社 仙台製油所の日量145,000バレルの粗蒸留装置(CDU)を含む設備を停止する。
サプライチェーンの混乱に適応し、それを克服する

この地震により、福島から出荷される部品の在庫、リードタイム、さらには価格も混乱すると予想されるため、メーカーやOEMは需要を満たすために代替ソースを見つける必要があるかもしれません。

SiliconExpertのサプライチェーンモジュールは、このような状況を支援するために設計されています。私たちは、世界経済に影響を与える可能性のある状況を注意深く監視し、サプライチェーンを維持するための代替案を提供します。SiliconExpert は、お客様のBOM に含まれる部品やコンポーネントを生産するメーカーや企業を監視し、お客様がリスクを評価し、代替案を見つけるのを支援します。

SiliconExpertのサプライチェーンモジュールが、お客様のビジネスを軌道に乗せるためにどのように役立つか、詳細をご覧ください!

SiliconExpert 赤のCTAボタン 詳細ボタン 透明背景

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3