米国EPAがPIP(3:1)の適合期限を延長

By: SiliconExpert 2022年3月9日

2022年3月9日-。米国環境保護庁(EPA)は、PIP(3:1)の遵守期限を2024年10月31日まで延長しました。EPAは当初、2021年1月の最終規則を発行する前に、禁止事項の影響を完全に把握する予定でしたが、そうではありませんでした。その結果、EPAは複数回にわたり遵守期限の延長を実施し、2021年10月28日、EPAは2024年10月31日までの最終延長を提案し、今月正式に施行された。

フェノール、イソプロピル化リン酸(3:1)(PIP(3:1))を含む成形品に関する最終遵守日は、主要な消費財および商業製品のサプライチェーンが混乱しないようにするために行われました。この措置は、EPAの2021年10月の提案後、60日間のパブリックコメント期間中に収集された情報に基づいています。 2021年10月の提案。

SILICONEXPERT P5 コンプライアンス・オファリングを利用して、常に情報を入手する

SiliconExpert P5では、Part SearchおよびBOM Manager製品において、コンプライアンスタブで簡単に検索できる、堅牢なコンプライアンスデータセットを提供しています。  

コンプライアンスに関するより深い洞察については、SiliconExpert P5 のアドオンモジュールであるSiliconExpert コンプライアンスモジュールをご覧ください。 

 

 

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3