ポッドキャスト長持ちする製品を作るための3つの方法 -
Sync Engineering & Procurement

By: SiliconExpert 2022年8月5日

  • ポッドキャスト"同僚の理屈はどうなっている?エンジニアリングとプロキュアメントが同期する必要がある! "
  • ゲスト米国Zuken社 テクニカルマーケティングマネージャー Wilmer Companioni氏

今月は、ポッドキャストでご紹介した ウィルマー・コンパニオニのポッドキャストをお届けします。正確なデータとサプライチェーンの完全な可視化、エンジニアリングと調達の間の議論と創造的な設計ソリューションの促進、電気工学設計における冗長性の構築により、より強く、より長持ちするエレクトロニクス製品を構築する方法を説明しています。

データの質は重要です。信頼できる情報源からデータを入手するようにしましょう。特に、サプライチェーンが危機的状況にある場合、このデータは、積層セラミックコンデンサ(MLCC)の代わりにタンタルコンデンサを使用するなど、製品を作るための創造的なオプションを検討する際に有用です。

 

長く使える製品の作り方:

1.正確なデータを収集する- エンジニアに正確で有益なデータを提供しましょう。しかし、価格、在庫、世界的な事象のトレンドに基づき、適切な理由付けをした実用的なデータを提供することで、調達チームとエンジニアリングチームの間に強い信頼関係を築くことができます。

2.デザインソリューションの創造性と変化への寛容さ- 例電源の設計に使用されるMLCCが最近不足し、エンジニアは代替品としてタンタルポリマーコンデンサを検討する必要に迫られた。特定のコンデンサーのコストは高くつくかもしれませんが、製品全体の設計強化を考慮すると、より安価に製造でき、より長持ちする製品ができるかもしれません。

3.設計に冗長性を持たせる- 以前は非効率的でコストがかかると考えられていた冗長性の構築は、製品に柔軟性と信頼性の両方を付加するための一般的な手法になりました。Zukenのウェビナーで行われた最近の調査では、66%以上の設計者が製品に冗長性を持たせていると回答しています。

3