試験的報告テンプレート(PRT)1.0 RMIよりリリース

By: SiliconExpert 2022年12月2日

Pilot Reporting Template(PRT)は、Responsible Minerals Initiative(RMI)が開発した、紛争鉱物報告テンプレート(CMRT)および拡張鉱物報告テンプレート(EMRT)の対象外の鉱物について、ピンチポイントを特定しデューデリジェンス情報を収集するための無料の標準的な報告テンプレートです。

 

各報告テンプレートが対象とする鉱物
シーエムアールティーEMRTPRT
ゴールドコバルトアルミニウム
マイカ
タンタラムリチウム
タングステンニッケル
その他の鉱物・金属

CMRTやEMRTと異なり、PRTの範囲はユーザーが決めることができ、現在10種類の鉱物まで入力することができます。CMRTとEMRTは、鉱物データ交換標準であるIPC-1755と整合するように設計されていますが、PRTは完全に整合するように設計されていません。RMIの判断により、PRTに含まれる鉱物は、時間の経過とともにEMRTに移行していく予定です。

 

RMIはPRTを収集しません。PRTは顧客に提供されるべきであり、良い対策としてウェブサイトに掲載される必要があります。

 

SiliconExpert はPRTをレビューし、RMIがアルミニウム、銅、リチウム、ニッケル製錬所を追加認定するための製錬所リストとRMPでPRTを更新するのを待っている。

 

PRTの最新版(バージョン1.0)をダウンロードすることができます: https://www.responsiblemineralsinitiative.org/reporting-templates/prt/

SILICONEXPERT P5 コンプライアンス・オファリングを利用して、常に情報を入手する

SiliconExpert P5では、Part SearchおよびBOM Manager製品に、コンプライアンスタブの下に簡単にアクセスできる、堅牢なコンプライアンスデータセットを提供しています。

コンプライアンスに関するより深い洞察については、SiliconExpert P5 のアドオンモジュールであるSiliconExpert コンプライアンスモジュールをご覧ください。

トピックを探る