レアアース:戦争に勝つのはどっち?中国か米国か?

By: SiliconExpert 2019年6月4日

レアアースをサプライチェーンで調達している場合、世界的な関税がビジネスに影響を与える可能性があります。

希土類元素とは、周期表にある17種類の化学元素のうちの1つで、ランタノイド15種とスカンジウム、イットリウムを指します。スカンジウムとイットリウムは、ランタノイドと同じ鉱床から産出される傾向があり、同様の化学的性質を示すことから、希土類元素と考えられています。

1990年代初頭、レアアース鉱山の採掘は、多くの国が参加する競争市場であった。しかし、安価な労働力と環境規制の欠如を背景に、中国系サプライヤーは略奪的な価格設定によって市場を操作していました。

先日、習近平国家主席が中国の甘州市を訪問されました。 ロイターの記事によると、この習近平主席の訪問は、2つのメッセージを伝えている:

メッセージ1:厳しい状況が続くが、最後には必ず勝つ。

メッセージ2:もしあなたがファーウェイを禁止し、私たちの製品に関税を課すつもりなら、あなたの現代技術を可能にするすべての素晴らしい金属を供給しているのは誰なのかを考えた方がいいかもしれませんね。

米国地質調査所(USGS)によると、世界のレアアースの大半を採掘しているのは、わずか4カ国です。 中国はそのうちの1つで、2010年に13万トンを生産しており、これは総収穫量の97%に相当します。

米国は2014年から2017年にかけて、レアアースの輸入量の80%を中国から調達している

 

中国紙が、課された関税に対応してレアアースの供給を絞ると警告したため、市場の緊張に火をつけ、投資家がより安全なゾーンに逃げるようになりました。 2019年5月29日(水)の欧州株は、マーケットインパクトを例証するように下落しました。

レアアース(希土類元素)がビジネスに与える影響をご存知ですか?

SiliconExpert は、レアアース元素を含む製品、原産国、およびお客様のビジネスへの潜在的な影響を特定するためのデータと専門知識を備えています。

 

 

レアアースとお客様のビジネスへの影響について詳しくは、SiliconExpert (sales@siliconexpert.com) までお問い合わせください。

2019年6月4日 BY KEIR HOPPE (編集)