ウクライナ侵攻で原材料価格が高騰

By: SiliconExpert 2022年3月11日

2022年3月11日- ロシアのウクライナ侵攻により、原油、パラジウム、ニッケル、アルミニウム、銅など複数の原材料の価格が過去10年間で最高値に高騰しています。

ロシアとウクライナは、世界の原材料市場で圧倒的な地位を占めています。今回の新たな価格上昇は、この2カ国から輸出される原料が不足していることに起因しています。

また、メーカーはパラジウムの代わりにプラチナを使うなど、代替案を検討しています。このようなプラチナの需要増は、1オンスあたりのプラチナ価格の上昇にも反映されています。ロシアの侵攻によって直接影響を受ける人々にとって、相関する原材料の市場、価格、入手可能性についても追跡することが重要でしょう。

SiliconExpert は原材料とそれに対応する価格高騰のリストをまとめた。

原材料の価格高騰
原材料価格上昇一般的な使用方法
パラジウム3,084ドル/オンス(3/10/22現在 触媒コンバーター、セラミックコンデンサー、フラッシュメモリー、コンピューター、携帯電話、放送機器
ニッケル3/8/22に100,000ドル/トン ステンレススチール、リチウムイオンバッテリー
オイル3/7/22に140ドル/バレル。 ガソリン、熱源、プラスチック、ジェット燃料
アルミニウム3/7/22に4,026.50ドル/トン 建設、電力線、家電、家庭用電化製品
3/7/22に10,845円/トン 配線、モーター、建設機械、産業機械
ゴールド3/10/22に2000ドル/トン セーフヘイブン投資
サプライチェーンの混乱に適応し、それを克服する

SiliconExpert SiliconExpert は、ロシアとウクライナに拠点を置く製造業者や企業を注視しており、貴社のビジネスがどのような影響を受ける可能性があるかを理解するのに役立つ。

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3