ロシア、フィンランドのガス供給を停止

By: SiliconExpert 2022年5月26日

2022年5月26日-。 ロシアは、ロシアのガス大手ガスプロムがこれまでにボイコットした3番目の国であるフィンランドが、ロシア・ルーブルでの支払いを拒否したため、フィンランドへのガス供給を打ち切りました。

TIP: ウクライナ・ロシア紛争に関する最新情報は、ライブアップデートブログでご確認ください。 (続きを読む)

国際エネルギー機関(IEA)によると、フィンランドは天然ガスの68%をロシアに依存しているという。しかし、ポーランドの国営ガス卸売会社であるガスムは、このような事態に備え、今後数ヶ月間、ガス供給に支障はないと表明しています。Gasumの副社長Olga Väisänenは、フィンランドがエストニア&ラトビアとのパイプライン接続により、バルト海接続で天然ガスを受け取っていることを発表しました。

このような状況に至るまでには、先月フィンランドがNATOへの加盟を正式に表明し、数十年にわたる中立の立場を終わらせました。多くのEU首脳や国家安全保障の専門家は、ロシアのガス供給遮断の動きを、この決定に対する報復的な動きと見ている。

 

天然ガスの不足がフィンランドの産業に与える影響について

フィンランド経済において、エレクトロニクス産業は重要な役割を担っています。1865年に通信大手のノキアが創業して以来、フィンランドは常に活況を呈するエレクトロニクス市場を擁しています。 テクノロジー産業分野だけでフィンランドの国内総生産(GDP)値の28%を稼ぎ出しています。天然ガスが供給されないと、暖房や塗装設備にガスが必要なため、工場の生産は簡単にストップしてしまう。

フィンランドは、エレクトロニクスに加えて、森林機械、トラクター、軍用車、バス、その他の機械設備に至るまで、機械製造業が盛んです。また、フィンランドは造船業も盛んで、25,000人以上の従業員を抱え、年間77億ユーロの利益を上げていると推定されています。

フィンランドの産業の大部分は何らかの製造業に依存しており、天然の化石燃料がないため、フィンランドとその経済は特に天然ガスの外部供給源に依存している。

フィンランドは現在、他の天然ガス供給源を確保しているが、その供給がいつまで続くかは不透明である。 

 

重要な状況を監視してサプライチェーンのリスクを軽減する

世界経済に影響を与える可能性のある出来事に対応するため、メーカーや企業を注視することが重要である。特に SiliconExpert は、部品やエレクトロニクス製品がどのような影響を受ける可能性があるかについて全体像を把握するため、ロシアやウクライナにある製造、試験、組み立ての拠点や、それらに関連する国々を監視しています。

SiliconExpertのP5サプライチェーン・リスクマネジメント・ツールは、世界中の重要なイベントを監視するだけでなく、価格、リードタイム、在庫に関する予測インテリジェンスも提供する。

今すぐ7日間無料トライアルに登録し、刻々と変化するグローバル市場を常に意識してください。

トピックを探る

3