米国の制裁対象はロシアの国防と金輸入

By: SiliconExpert 2022年8月3日

米国は、ロシアのウクライナ侵攻を受け、ロシアの防衛産業&金輸入に対する制裁を発動しました。

この制裁は、ロシアのヘリコプターや航空、ラジオエレクトロニクス、軍備を生産する国営防衛会社ロステックを含む、ロシアの防衛産業に不可欠な99のロシアのグループと個人を対象としています。米国財務省によると、これらの制裁は、"ウラジミール・プーチンのウクライナに対する残虐な侵略戦争に使用される武器や技術を開発・配備するロシアの能力の中心を叩く "ことを目的としています。

さらに、米国財務省は、ロシアから米国へのすべての金の輸入も禁止しており、英国、カナダ&日本とともに、ロシアの金の輸入を禁止しています。 金はロシア最大の非エネルギー輸出品であり、2021年にはロシア経済に150億米ドル以上の貢献をしているため、これはロシア経済に悪影響を及ぼす可能性があります。

 
ロシア・ウクライナ紛争に関するサプライチェーン影響調査報告書を無料配布中

ロシア・ウクライナ紛争の影響を受けた部品と製造業に関するサプライチェーン・インパクト・レポート(無料)をダウンロードしてください。 https://www.siliconexpert.com/russia-ukraine-impacts/

サプライチェーンの混乱を監視する

SiliconExpert ウクライナとロシアの紛争による東欧情勢の変化を注視し、皆様のビジネスがどのような影響を受ける可能性があるのかをご理解いただけるよう努めています。

ビジネスへの影響としては、ある製造拠点で使用禁止となった材料を、新しい製造拠点に迂回させる必要がある場合があります。また、貴金属や鉱物が関税の引き上げにより突然高騰し、コスト削減のために代替サプライヤーを探す必要がある。

SiliconExpertの P5BOM Manager を使用して、BOM を監視し、BOM 内の部品に対する潜在的な健康リスクに注意してください。

今すぐ7日間無料トライアルに登録し、ご自身で試してみてください!

トピックを探る

3