調達を最適化する3つの方法

By:2023年4月28日Joseph Lee

リスクメソッド社のベンチマークレポートによると、79%の企業が、過去3年間にサプライチェーンの混乱によってビジネスに影響を受け、総収入の4%以上を失ったと明らかにしています。

堅牢な調達戦略を欠いた場合、企業は混乱のために収益の大部分を失うリスクがあります。150人以上のサプライチェーンおよび調達担当役員を対象に、彼らが直面するユニークな課題を理解するとともに、壊滅的な混乱を避けるためのベストプラクティスに関するいくつかの洞察を得るための調査を行いました。

 

1.調達プロセスの自動化

企業は、部品を調達するためのサプライヤーを調査し、選択することが困難です。多くの企業は、時間とリソースを節約しながら、ヒューマンエラーを減らすために、調達プロセスの自動化を進めています。

オートメーションは、どのようにして外部の混乱リスクを軽減できるのでしょうか?オートメーション・ソフトウェアは、データ処理の面で多くの重労働を処理することができます。企業は、データ入力、部品記録の更新、部品データの選別のために、データサイエンティストに時間やリソースを割く必要がなくなります。これにより、調達マネージャーは、市場を評価し、部品を購入してもよいかどうかを判断する時間を確保できます。

BOM マネージャー・オートメーションは、ライフサイクルのリスク評価、在庫レベル、コンプライアンスや紛争鉱物に関するデータを把握することができる。

 

2.在庫の最適化でキャリングコストを回避する

在庫維持費(ICC)は、製品開発チームの成否を左右する。最近の研究では、実際のICCは、製品の総市場価値の18%から75%の範囲になることが示されました。理想的な在庫維持費は、在庫総額の15~25%です。

ご存知でしょうか?在庫管理の不備は、商品価値の75%にも及ぶと言われています。

キャリングコストを削減する方法はいくつかあります:

  • 自動在庫管理ツール- 在庫切れやデッドストックを警告し、部品不足を解消するツールです。
  • 陳腐化した在庫を処分する - 陳腐化した在庫は、コスト増につながるだけでなく、陳腐化するリスクもあります。製造者は製品のライフサイクルを認識する必要がある
  • 購入頻度を上げる- 部品の購入頻度を上げることで、ICCを削減することができます。需要予測により、毎回の購入数量を計画・設定することができる。

 

3.複数の製造・流通拠点から調達する

製造業のトップ150人を対象にしたフォーリー社の調査報告書によると、次のようなことが明らかになりました。 61%の企業が製品のマルチソース化を行っていない.これは、単一のサプライヤーや販売業者に依存することで、自然災害や地政学的なイベントの後に混乱が発生する可能性があるため、リスクが発生します。異なるサプライヤーや地域からマルチソースを行う企業は、調達プロセスに弾力性を持たせることができます。

自動化はマルチソーシング戦略に役立つ。 BOM 、パーツの全体像を把握することで、リスクを測定し、複数のパーツが同じ場所や製造現場から調達されている場合、「ハイリスク」とみなすことができる。BOM 管理ソフトウェアは、クロスや代替案を特定するのに役立ち、マルチソーシングの選択肢を与えてくれる。

SiliconExpert が調達の合理化に役立つ方法

調達とサプライチェーンのワークフローをデジタル化することで、企業は複数のソースを経由した部品のルート変更、在庫レベルの低い部品の発見とクロスへの置き換え、あるいは部品のライフサイクルを確認し、将来にわたって利用可能であることを確認することが容易になります。

SiliconExpert は、部品の相互参照、マルチソーシング、在庫と可用性のチェック、MPNリスク分析、価格とリードタイムのレポート、さらにはライフサイクルのトレンドに関するデータなどのソリューションを提供しています。

SiliconExpert のサプライチェーン・ソリューションについて、今すぐ詳細をご覧ください!

詳細はこちら

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する