米国、中国へのAIチップ輸出規制を発動

By: SiliconExpert 2022年9月12日

米国は、ロシアと中国の両国に高性能コンピュータチップの輸出制限を発令しています。

先端半導体チップの生産競争が激化する中、米国は、主に人工知能(AI)プログラムやスーパーコンピュータに使用されるAMDとNvidiaの先端グラフィックカードチップ(GPU)の一部を中国に販売することを制限しています。

 

A.I.専用GPUが中国から規制される

9月1日にST米国商務省の当局者は、Nvidiaに対し、A100とH100 GPU、およびAMDのMI250データセンターGPUの中国への輸出を停止するよう命じた。これらはAI処理のデータセンターで使用される最速のGPUである。商務省の担当者は、米国の国家安全保障と外交政策を保護し、米国の先進技術が中国の軍事用途に使用されるのを防ぐために必要な行動を実施するために「包括的なアプローチ」を取っていると発表しました。

 

先端チップ開発への影響

米国は、中国への先進的なコンピューターチップとチップ設計ソフトウェアの輸出を停止することで、中国が先進的な半導体を利用するだけでなく、独自に開発する能力を抑制しています。このため、中国は古いGPUユニットを調達しなければならなくなり、技術の進歩が大幅に遅れることになります。

ジョージタウン大学安全保障・新興技術センター(CSET)の報告書によると、中国からの購買記録を分析した結果、中国軍は台湾と韓国で生産されたアメリカのチップ技術に大きく依存していることが判明しました。それらのチップの多くは、Nvidia、AMD、Intel、またはMicrosemiによって設計されています。

 

調達・サプライチェーンリスクの低減

SiliconExpertのデータチームは、破壊的な事象を常に監視し、それらの事象によって影響を受ける可能性のある特定のコンポーネントのリスクレベルを更新している。在庫レベルが一定の閾値を下回った場合、ユーザーは即座にアラートを受け取ることができ、サプライチェーンの混乱を回避するための事前対策を講じることができる。

SiliconExpertのBOM Manager の詳細と、プロアクティブなリスク軽減戦略の導入方法については、無料トライアルをご利用ください:

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する