fbpx
無料トライアル

AMSYS-SiliconExpert LIVE-With SICK Sensor Intelligence -陳腐化リスクをプロアクティブに検出する方法

ロードイベント
  • このイベントは終了しました。

AMSYSとSiliconExpert LIVE

好評につき、AMSYS -SiliconExpert Live Q&Aのこのエピソードでは、BjoernとOllieが黒い森に入り、SICK AG - Sensor Intelligence - がどのように陳腐化リスクを払拭しているかを見ている!

ーSICKテクノロジーセンター・エレクトロニクスサプライのー マーティン・リノウ氏

SICKは、産業用センサーとセンサーソリューションのマーケットリーダーであり、陳腐化を早期に発見し、誰かが傷つく前にサプライチェーンのリスクを予測する方法を知っています。

この機会に、陳腐化やサプライチェーンの混乱を未然に防ぐために必要なことを、この3人で話し合ってみてはいかがでしょうか。

登壇者をご紹介します:

  • マーティン(SICK AG)は、長年にわたる実際の経験をもとに、適切な管理規律を導入し、困難なサプライチェーン問題に対処しています。
  • オリー (SILICONEXPERT) は、技術予測としてクラス最高のデータポイントを提供し、デジタル革新を推進する責任者である。
  • AMSYSのライフサイクルマネジメント(LCM)クライアントアプリケーションを使用して、個々の方法論やプロセスをデジタル化する方法の専門家であるBjoern(AMSYS)です。

ご質問は下記までお気軽にお寄せください:パートナーズ@siliconexpert.com.

スピーカー

Bjoern Bartels

常務取締役|AMSYS

国際ビジネスの修士号と工業工学のドイツ語ディプロマを取得。長年にわたり、陳腐化管理のコアコンピテンシーと戦術でグローバルな顧客をサポートし、コンサルタントとして活躍している。Bjoernは、様々な企業において、反応的、積極的、戦略的な陳腐化管理の開発、実施、管理に成功しました。

Bjoernは、COGD(Component Obsolescence Group Deutschland e.V.)の公式ビジネスパートナーである。の公式ビジネスパートナー、IIOM (International Institute of Obsolescence Management) の「Endorsed Trainer」、IEC (International Electrotechnical Commission) の信頼性に関する規格改訂のドイツスポークスマン、VDI (Association of German Engineers) のワーキンググループ長、VDMA (Mechanical Engineering Industry Association) 規格の共著者、Institute of Process Excellence のパートナー、専門書「Strategies to the Prediction, Mitigation and Management of Product Obsolescence」共著者である。


オリバー・ホフマン

EMEA & APAC ゼネラル・マネージャーSiliconExpert

コンピューターサイエンティストとして、オリバー・ホフマンは革新的な企業でコンサルティングとセールスの両方のキャリアを積んできた。デジタルビジネスに対する強い好奇心を築き、ヨーロッパ全域で陳腐化管理における長年の経験を積み、現在はSiliconExpert のEMEA組織を率いている。 彼の情熱は、データ主導の意思決定を適用することによって問題を解決するための知識と洞察を共有することである。成長を続けるSiliconExpert のチームと共に、オリバー・ホフマンはグローバル企業だけでなく中小企業ともインスピレーションと魅力を共有している。


マーティン・リノウ

技術購買担当者

マーティンは2008年にNussbaum(カーリフト製造会社)で社会人生活をスタートさせ、そこでカーリフトの製造に必要なほぼ全てのものを購入しました。2013年まで、経済学の学士号を取得する傍ら、購買のあらゆる役割を担ってきました。

2014年、RastattのSiemensに入社し、アクティブ半導体、メモリ、PCBA、マイクロコントローラの戦略的購買担当を務める。Siemens Rastattで初めて陳腐化管理に接したのは、保守的なHVAC市場によるものだった。

2年後、SICKで半導体、金属・プラスチック成型品、光学部品、PCBの技術購買担当として勤務する。5年後、中央調達の購買担当となる。また、経営工学の修士課程を修了している。

2022年10月27日午前9時~午前10 (日本時間