fbpx
無料トライアル
2022年10月4日|12PM EST|バーチャルイベント

世界デジタル対話 2022年
主催SiliconExpert

2022年グローバルデジタルダイアログの目的

サプライチェーンのあらゆる領域に影響を及ぼすカオスの幅と深さを探る。拡大する脅威は、さらなるイノベーションを必要とします。効率と回復力のバランスによってサプライチェーンのリスクを再考している同業他社の取り組みについて、対話します。

登録

2022年10月4日|12PM EST|バーチャルイベント

ライブに参加できない方 登録すると、イベント終了後、オンデマンド録画にアクセスできます。 

?>

なぜ参加するのか?

サプライチェーンは、グローバル経済のバックボーンです。私たちが知っているような生活は、グローバルサプライチェーンが取引先や企業間ネットワークを介して効果的に調達し、協力できることに依存しています。

企業は日々、サプライチェーンに対する新たな脅威に直面しています。従来のサプライチェーンマネジメントの手法では追いつけません。現代のサプライチェーンマネジメントチームは、混乱に対処するためにオペレーションを迅速かつ効率的に調整し、さらには混乱が起こる前にその影響を最小化するための先手を打つ能力を備えている必要があります。リアルタイムで信頼できるデータにアクセスし、パートナーとの強力なエコシステムを構築することで、イノベーションの最前線にいる企業は、混乱を活用してビジネス成果を向上させています。

今年のイベントに参加することで、対話を聞き、メタバースを理解し、サプライチェーン内でレジリエンスを構築するための現代の戦略やツールを学ぶことができます。

トーキングポイント

スピーカー

画像

ロス・バレンタイン

バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーSiliconExpert

私はコロラド州のスコットランド人で、世界最大の電子機器販売会社に勤務しています。私は20年間、OEM、EMS、サプライヤー、ディストリビューターと協力し、世界中のハイテクサプライチェーンを形成し、その可能性を解き放つお手伝いをしてきました。これからの数十年は、企業がサプライチェーンを未来につなげ、地球の未来を切り開くためのイノベーションと可能性に満ちています。エコシステムからプラットフォーム、人工知能からサイバーセキュリティ、デジタル化からレジリエンス、サステナビリティからメタバースまで、あらゆる分野に注目してください!

画像

エンダ・ラッディ

グローバル・コンピューティング、データ&マーケット担当マネージング・ディレクター|コンバージ

アイルランドのダブリン出身で、現在はアムステルダムに在住。電子部品調達・流通、陳腐化管理、余剰・過剰在庫、Q360品質管理、高信頼性、欠品・終息部品(EOL)、コンピューティング-調達・在庫管理、品質管理、サプライチェーン最適化に関する専門知識を有する。現在、コンバージのグローバル・ディレクターとして、EMEA地域とグローバルな陳腐化ビジネスの責任者を務めています。

仕事と個人的なつながりは、とても強いです。サッカーチームに例えるなら、コミュニティーのようなものです。これは本当にありがたいことです。セールスについて言えば、今はコンサルタント的な仕事です。購買はリスクマネジメントを重視し、財務は長いテスト工程を経て初めて商品を受け取る顧客とどう付き合うかを考え、マーケティングもFOMブランドやイベントなどで素晴らしい仕事をしています。つまり、陳腐化はConvergeのジグソーパズルの重要なピースなのです。CPU販売、技術製品、コスト削減など、他の分野も同様に重要です。

コンバージは、さまざまなタイプの顧客にさまざまな方法でサービスを提供するポートフォリオ・ディストリビューターです。陳腐化対策は、その一部分に過ぎません。興味深いのは、それがすべての部門、特に品質とオペレーションに関係していることです。これらのチームは、品質認証の取得や複雑な部品の検査への対応など、素晴らしい仕事をしています。

画像

モア・エリクソン

アローグローバルサプライチェーンサービス事業担当バイスプレジデント|アローエレクトロニクス株式会社


高度な複雑性とグローバルな環境におけるハイテク企業全体のソリューションの開発と展開のエキスパートであり、アジア、ヨーロッパ、南北アメリカにわたる顧客重視のサービス組織を率いています。

モアは、戦略的かつ変革的なサプライチェーンイニシアチブを専門としており、彼女のチームはチェンジマネジメントと継続的なプロセス改善の指導を支援している。

テクノロジー分野の女性リーダーとして、モアは次世代の多様なサプライチェーンとオペレーションの才能を開発し、鼓舞することに貢献しています。 彼女の情熱は、グローバルな環境で人材を育成し、創造的で協力的な文化を促進することです。問題解決へのアジャイルアプローチを推進し、ますます困難で変化し続ける世界で、卓越した顧客体験を提供することに情熱を傾けています。

画像

ドワイト・モース

サプライチェーン|グループ・プロダクト・マネージャーSiliconExpert

ドワイトはSiliconExpert のサプライチェーン・ソリューションを管理し、顧客に潜在的な有害事象への洞察を提供し、先手を打った反応を共有し、注文された在庫を完全に可視化する。ハイテク業界でキャリアを積み、ソフトウェアを通じて組織がより良いビジネス成果を達成できるよう支援してきた。

画像

ジョナサン・デメント

IBMシステムズ コスト&アセット・オプティマイゼーション担当バイスプレジデント

Jonathan DeMent は現在、IBM Systems Group のコストおよび資産最適化担当副社長という役職に就いています。 しばしば「コスト皇帝」と呼ばれるジョナサンの役割は、調達、サプライチェーン、在庫、製造、サービス、サポート、IT、グローバルオペレーション、財務にわたって利益と現金の最適化を改善することに重点を置いています。 彼のチームは、AIを含む高度なデータ分析を活用し、IBMの製品ポートフォリオ全体でコスト削減と回収の機会を特定し、実行に移しています。 さらに、ジョナサンはIBMのグローバル資産回収サービス(GARS)グループを所有しており、IBMメインフレーム、ストレージ、およびPower製品ポートフォリオの認定中古品および中古品の提供を含む、持続可能性とライフサイクル管理に重点を置いています。 IBMでは、ビジネス開発、システムエンジニアリング、マイクロプロセッサー設計などの職務を歴任しています。 デューク大学とスタンフォード大学を卒業し、それぞれ電気工学の理学士号と理学修士号を取得しています。

画像

エレーヌ・カルティエ

シエナ サプライチェーン向けデジタルトランスフォーメーション担当シニアディレクター

Elaine Cartierは、ネットワークシステム、サービス、ソフトウェアの会社であるCienaのサプライチェーンのデジタルトランスフォーメーション担当のシニアディレクターです。 デジタル・トランスフォーメーション、アジャイル、イノベーションを通じて、最高のビジネス・アウトカムを提供することに情熱を注いでいる。 20年以上にわたり、エンド・ツー・エンドのビジネス機能を提供する技術チームを率いた経験を持ち、技術、組織構造、プロセスを成果ベースの製品チームに変革し、オンライン/オフラインの収益を促進するとともに、組織全体が同じ方法でより良い成果を達成できるよう影響を及ぼしています。 ヒューマンデザイン思考の原則を活用し、テクノロジーソリューションと戦略を開発することで、顧客体験の向上と顧客ニーズの充足に焦点を当てたプロセスと考え方の構築に注力しています。 アジャイル手法の採用、ヒューマン・センター・デザインの革新、APIとマイクロサービス・アーキテクチャによるDev Ops機能の導入など、革新的なプロセス変更でIT組織と協力し、実現することで、品質向上した製品の市場投入速度を加速している。 近年は、ITアプリケーション開発からデジタル変革に注力し、デジタル変革のフレームワーク、プログラムガバナンス、チーム構造、厳格なアプローチを開発し、大幅なコスト削減、収益改善、生産性向上を実現している。 

登録

グローバルデジタルダイアログ2022に登録する! 

今すぐご登録ください!