電気回路図によく見られる電気記号10選

By: SiliconExpert 2016年6月14日

これらの電気記号は、素人にはナンセンスに見えるかもしれませんが、EEには多くの情報を与えてくれます。

電気回路図は、素人には意味不明な図面に見えるかもしれませんが、電気技術者にとっては、多くの洞察と指示を与えてくれるハイレベルな文書なのです。

電気回路図とブロック図・レイアウト図の違いは、前者が実際の電気的な接続を示すものであるかどうかです。配線や部品がどのように配置され、接続されているかを示すためのビジュアルである場合は、後者と呼ばれます。

電気回路図の記号にはそれぞれ目的があり、文字が多い説明の代わりに使用されます。

その好例が、下の電気記号です。この記号は、「三相、オープンデルタ、共通点接地」を意味します。

電気回路図のいたるところにこのような記述があったら、どんな風に見えるか想像できますか?このような事態を避けるために、電気技術者は、これらの記号を認識し、その意味を理解し、他の記号との関係を理解するよう慎重に訓練されています。

ここでは、電気回路図によく使われる記号のうち、簡単なものからデザインや定義がやや複雑なものまで、数十種類を紹介します:

整流器

位相計

240V コンセント

フロースイッチ

NORゲート

連続可変抵抗器(Continuously Adjustable Resistor

ノーマルオープン・フットスイッチ

タイマオフディレイ、ノーマルオープン

磁性体コア付きシールドトランス

常時開接点付き熱作動型リレー

磁気過負荷保護機能付き3極サーキットブレーカー

日々目にする電気回路図の中で、このような記号を目にする機会は多いのではないでしょうか?

コンテンツは、ElectronicProducts.comに掲載されたものです。

2016年6月14日 BY AMANDA M

3