AKM工場火災:遅延が予想される

By: SiliconExpert 2020年11月25日

2020年10月21日、旭化成マイクロシステムズ(AKM)は、16時45分に延岡半導体工場「Fab2」で火災が発生したとのプレスリリースを発表しました。

本工場は、主にオーディオ機器や家電製品、TCXO発振器などに使用される大規模集積回路(LSI)を生産しています。 このたびの火災により、AKMは生産停止を余儀なくされ、遅延が予想されます。

日本のメディアによると、この工場はAKMの唯一のLSI生産拠点ですが、AKMはこれまで、一部のLSI生産を外部企業に委託していました。直接の生産停止に伴い、AKMは製造委託先を含む特定の外部関係者と連携し、下図のような生産委託の準備を進めてきました。

 

ビジネスインパクト

AKMプロダクツ

中国の半導体販売会社CGoC Industrial Electronicsによると、AKMの延岡工場は、優れたオーディオ機器向けのハイエンドDAC/ADCのIC部品の生産で知られています。など、AKMシリーズのIC部品の世界的な供給が途絶えることが疑われています:

  • DAC/AUDIO AK4332、AK4331、AK4432、AK4382、AK4385、AK4373、AK4396、AK4431、AK4456、AK4490、AK4493、AK4495シリーズ
  • ポテンシャルADC/AUDIO AK5384、AK5385、AK5386、AK5397、AK5534シリーズ

TCXO発振器製品

旭化成マイクロシステム(AKM)の半導体チップは、TCXOや一部のオシレーターを含む高安定度部品の世界供給のかなりの割合で使用されています。 このAKMの火災と潜在的な生産遅延や外注先変更の影響を受けないサプライヤーを知り、対処することは重要です。 以下は、この事象の影響を受けるサプライヤーの初期リストで、アブラコン、ILSI、MMDの製品ファミリーが含まれています。

アブラコンチームは、アブラコンのTCXOの自社生産への影響を評価しています。アブラコンは最近、次のようなプレスリリースを発表した:"アブラコンでは、TCXO発振器製品の多くに工場で生産された製品を使用しています。"現時点では、火災が生産と供給に与える実際の影響に関する情報は限られています。 アブラコンの技術チームは、この困難な時期に顧客を支援するための代替ソリューションの可能性を評価しており、これらの代替ソリューションが利用可能になった時点でお伝えします。

 

SiliconExpert は、サプライチェーンへの潜在的な影響をナビゲートするためにどのように役立つか?

SiliconExpert には、データ、サービス、専門知識があります:

  • 本イベントで影響を受けたお客様の対象製品
  • 直接または間接的に影響を受けた製品のクロスリファレンス/代替部品を簡単かつ迅速に特定することができます。

この発表とその影響に関する詳細については、こちらをご覧ください:

https://abracon.com/news/asahi-kasei-microsystem-factory-fire-in-nobeoka-japan

https://www.cgocmall.com/news/semiconductor_akm_cgelectronics-288_a2c45.html

 

2020年11月22日、アハメド・アブデル・ナビー著

3