模倣品対策を企業文化に根付かせる

By: SiliconExpert 2019年3月4日

車輪の再発明を避ける - 半導体業界における模倣品対策は企業文化に組み込まれなければならないゲストブログ スティーブン・ジーター(エレクトロニクス業界アナリスト

企業では、長期間空席になっているポジションの補充や採用の際に、車輪の再発明を行うことがよくあります。特に、模倣品対策のリーダーを任命する場合は、その傾向が顕著です。

半導体業界では、模倣品対策に関する社内ポジションが同じ会社はめったにありません。私が出会った模倣品対策担当者は、知財・法務部、事業継続部、品質管理部、研究開発部、コーポレート・セキュリティ部、マーケティング部、物流部、購買部、そして経営戦略部の出身者でした。最初に模倣品に遭遇した人、模倣品に特別な関心を持ち、会社の専門家として知られるようになった人、業界フォーラムで代表を務めることが重要だと考えた人など、デフォルトで責任を負わされることもあります。場合によっては、その責任は付加的な任務であり、役職の説明に正式に書かれていないこともあります。

持続的な模倣品対策は、証拠と数字に基づくものです。例えば、事例数...インターネットでの取り締まり数...ブランドに対する模倣品の目に見える脅威の継続...などです。特許や商標の侵害に対する知的財産権訴訟に加えて、企業の模倣品対策に対するROIの価値を見積もることもできます。しかし、残念ながら、これらの対策は、通常、コスト活動としてしか捉えられていません。そのため、企業の模倣品対策は、一個人の時間、労力、情熱に縛られてしまうことがあります。このような場合、偽造防止に関する知識や努力に将来的なギャップが生じることがあらかじめプログラムされているのです。

模倣品対策に強い文化を持ち、一個人の努力に縛られない世界的な認知度を持つ企業があることは間違いありません。このような企業では、ブランド保護担当者など、模倣品対策を担当する役職が決まっており、ベストプラクティスの開発、基準の作成、業界フォーラムへの参加、模倣品対策業務の推進、そして何より、自社と顧客に対する半導体模倣品のリスクと影響を軽減するために必要な知識と文化の維持に取り組んでいます。

SiliconExpertの最近のウェビナー "偽造リスクとその軽減に関するソートリーダー・パネルディスカッション"では、偽造防止に関する重要なポイントが示されました。

半導体業界における模倣品対策の知識の追求は依然として高く、半導体業界における模倣品対策の基礎知識を個人に教育する必要性は不変である。

半導体産業協会が半導体模倣品の基本的な理解を確認するために、米国とEUで初めて大規模な合同会議を開催したのは2007年のことでした。 この会議から12年の間に、この現象に関する知識の追求は、「半導体模倣品とは何か」「どこから来るのか」から、模倣部品を避けるための世界的に認められた基準の作成、政府の調達規則の確立、部品追跡のための複雑なソリューションの開発へと発展してきました。

企業や業界フォーラムは、基本的な偽造方法に関するデータを交換する四半期ごとの会合から、世界半導体会議(WSC)や半導体に関する政府/当局会議での偽造防止ガイダンスのグローバルな交換へと移行しています。知識の継続的な拡大とその共有により、地域政府、税関、法執行機関、サプライチェーン仲介業者などとの高度な訓練と運用計画が可能になりました。全体として、業界は模倣半導体との戦いで大きな前進を遂げたと言えるでしょう。

残念ながら、模倣品は市場に拡散し続け、止まる気配はありません。したがって、私たちは、より多くの知識を研究し、共有し、努力し続けなければなりません。その結果、偽造の方法、先進的な追跡技術、政府の法律や政策、ベストプラクティス、偽造の事例などに関する情報は、今後も拡大し続けるでしょう。半導体業界の模倣品対策に初めて取り組む人が、この情報の海に圧倒され、特に車輪の再発明をしなければならないことは容易に理解できます...「半導体模倣品とは何か」「どこから来るのか?すべてのビジネスにおいて、人と優先順位は変化します。企業文化に深く浸透していない限り、模倣品対策はこのような変化に伴って注目されなくなり、効果を失う可能性があります。

あなたの会社が半導体製品を生産、取得、または使用する場合、明確な構造、確立された手順、適切なツール、定期的な意識向上トレーニング、および上級管理者のサポートを備えた偽造防止プログラムは、あなたの企業文化の不可欠な部分であるべきです。プログラムは、プログラムに関与する一個人でも生き残ることができるものでなければなりません。

WSCが提案する以下のベストプラクティスを検討する必要があります:

製品の変更通知や製造中止の通知を受けたら、正規品を購入する。必要な場合は、正規の「アフターマーケット販売店」を利用する。正規販売店以外から調達する場合、また100%のトレーサビリティがない製品を使用する場合、自社およびエンドユーザーに潜在する偽造品のリスクを理解する。正規販売店、実績ある販売チャネルのみに許可する厳格な調達手順を確立する。トレーサビリティ、責任および保証の証拠を求める。スクラップ管理および返品の承認について安全な手順を確立する。疑わしい部品や偽造部品をOCMや政府機関に報告する。偽造品電子管理および偽造品緩和政策を実施する:正規の流通経路外で購入した部品の場合:不正部品検出計画(書類と包装の検査、部品の目視検査、リマーキングのための溶剤テスト、再舗装のための溶剤テスト、電気およびX線テストなど)を実施してください。写真ラベルや数個の部品の分析結果を、テストされていない出荷品の残りの部品に自動的に適用できないことに注意してください。このような分析結果は、結論が出ず、誤解を招く可能性があります。

半導体製品の模倣品は、将来的には必ず発生するものです。この現象を緩和し、いつか打ち負かすために必要な偽造防止の知識が持続するよう、適切な措置を講じましょう。車輪の再発明を繰り返さないでください。

3