COVID-19の懸念による中国の産業ハブ閉鎖

By: SiliconExpert 2022年2月24日

2022年2月24日- COVID-19の拡散に対抗するため、中国の蘇州で厳重な封鎖が行われました。蘇州は技術的な中心地であり、半導体の主要な製造拠点です。サムスン、ボッシュ、イーライリリー、UMCなどのグローバル企業の製造施設があり、蘇州工業園区の閉鎖は、すでに危機的状況にあるグローバルなサプライチェーンのチップ不足をさらに深刻化させる可能性があります。

中国・シンガポール蘇州工業園区内にある主要半導体メーカー各社の生産が停止しています。COVID-19のロックダウンにより、以下の事業者は地元当局の規制が解除されるまで操業を停止せざるを得なくなりました。

  • HeJian Technology Corp.
  • ユナイテッド・マイクロエレクトロニクス社(UMC)
  • ボッシュ
  • エリ・リリー
  • サムスン

その他にもいろいろと...。

都市の一部封鎖と大規模なテスト活動は、すべて中国がコビッド19に対する「ゼロ・トレランス」政策の一環であり、すべてのローカルな広がりを完全に排除しようとするものです。

写真クレジット:蘇州でコロナウイルスの集団検診に参加する住民たち。写真はこちらCostfoto/Future Publishing via Getty Images(コストフォト/フューチャーパブリッシング・ヴィア・ゲッティイメージズ

写真クレジット:蘇州でコロナウイルスの集団検診に参加する住民たち。写真 コストフォト/Future Publishing via Getty Images

サプライチェーンイベントアラートで情報収集

このようなサプライチェーンへの影響をいち早く察知してください。グローバルなサプライチェーンの問題により、製品の納期が数カ月から1年程度遅れることがあります。今日の市場の状況を考えると、最新の業界ニュースにアクセスし、自社の部品が高いリスクにさらされているかどうかを把握することが極めて重要です。サプライチェーンの問題を軽減するために、代替の工場や部品を調達することができます。

サプライチェーン・リスクマネジメントツールの詳細をお知りになり、貴社の業務を円滑に進めるためには、SiliconExpert サポートエージェントまでご連絡いただくか、下記よりお問い合わせください。

 

 

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3