米国、中国へのAIチップ輸出を制限

By:ジョー・コルビシエロ2023年12月6日

米商務省は、10月に新たな輸出規制を発表した後、先進的な人工知能(AI)チップの中国への販売を制限している。今回の措置は、特にNvidiaのAIチップA800とH800をターゲットにしており、半導体大手のIntelとAMDにも影響を与える可能性がある。さらに、新規則はアプライド・マテリアルズ、ラム、KLAといった大手企業の半導体製造装置の輸出にも影響を与える。

チップメーカーが2022年10月からの従来の禁止措置を回避するために、わずかに性能の劣る仕様のチップを特別に設計したためだ。新しい規則では、中国向けに特別に製造されたこれらのチップをターゲットとし、チップメーカーは中国に出荷する前に、新たな低性能チップについて米国政府に通知することが義務付けられる。

なぜ米国は中国へのAIチップ販売を制限するのか??

国家安全保障を強化するため、米国は中国が人工知能の進歩、特に軍事的応用を推進しうる先端半導体を獲得するのを阻止しようとしている。中国は、ロシアやイランを含む他の21カ国とともに、先端チップの輸出制限に直面することになる。高度なAIチップの販売を制限し、高度なチップ製造機械の販売を制限することで、米国の敵対国が西側のチップメーカーに追いつくのを遅らせることができる。

AIチップの輸出規制はビジネスに影響するか?

SiliconExpertは破壊的な事象を監視し、生産ラインを中断させる可能性のある特定のコンポーネントのリスクレベルを更新します。

サプライチェーン・リスクマネジメントで、サプライチェーンを危険にさらす可能性のあるグローバルな出来事を追跡する方法を学びましょう。

詳細はこちら

寄稿者/研究者 ハラ・モハメドシリコンエキスパートR&D

ブログを購読する

SiliconExpert Tech Updatesから最新情報や見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーの仲間入りをしましょう!今すぐ購読して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する