fbpx
無料トライアル

ウクライナとロシアの紛争が世界のサプライチェーンを混乱させる

ロードイベント
  • このイベントは終了しました。

ウクライナとロシアの紛争が世界のサプライチェーンを混乱させる

ロシアとウクライナは、世界のサプライチェーンのキープレイヤーです。

米国を拠点とする多くの企業や欧州の企業は、ロシアやウクライナに少なくとも1社の直接取引先を有しています。

  • ヘリウム、ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノンなどのガスやレアメタルは、ロシア・ウクライナ地域から産出され、これらのガスは半導体製造工程の重要な材料となります。
  • ロシアは、チップ、センサー、メモリの製造に重要な材料であるパラジウムを、米国が必要とするパラジウムの35%を輸出しています。
  • この紛争により、米国、欧州連合、およびその同盟国は、ロシアに対して制裁を課しています。
  • 米国は、半導体、通信、暗号化セキュリティ、レーザー、センサー、海洋技術などの先端技術の輸出をブロックしています。
  • ロシアはヨーロッパの石油の30%以上、天然ガスの35%以上を供給しています。
  • ロシアとウクライナは、合わせて世界の小麦の25%を生産し、大麦やトウモロコシも多く生産しています。

このウェビナーでは、SiliconExpert 、お客様のサプライチェーンに影響を与える可能性のある世界的な偶発事象をどのように常時把握しているかをご紹介します。何千ものサプライヤーからの直接フィードと組み合わせることで、部品の在庫状況、部品の交換、市場予測、地理的リスクに関する洞察など、最新かつオンタイムの情報を得ることができます。

  • ハレド・カリル サプライチェーンマネージャー SiliconExpert
  • タラ・ロビンソン プロダクトマーケティングマネージャー SiliconExpert

日付2022年4月14日(木)

時間:東部標準時午前10時00分

所要時間1時間

今すぐ登録: https://mlps.siliconexpert.com/russia-ukraine-supply-chain.html