サプライチェーン・レジリエンスには、脆弱性と損失を認識することが必要です。

By: SiliconExpert 2022年9月8日

グローバルサプライチェーンに対応するために

サプライチェーンの混乱は、年間収益の45%、損失に相当することをご存知でしょうか?(マッキンゼーの調査、2020年)企業が利益率向上を求めて世界中に進出し続ける中、サプライチェーンはますます複雑になっています。世界のサプライチェーンの価値は年間10兆ドル以上と言われており、混乱による損失は非常に憂慮すべきものです。

 
サプライチェーンの混乱に伴うコスト

マッキンゼーの産業用サプライチェーンに関する調査によると、長期的な混乱は1年間のEBITDAの50%に相当し、収益性のかなりの部分を切り崩す可能性があることがわかった。30日以内の短期的な混乱は、EBITDAの3~5%の損失に相当します。平均すると、3~4年ごとに長期的なグローバルサプライチェーンの混乱が起こると予想されます。

予期せぬ出来事に対応するためのプランニング方法

パンデミックは、グローバルなバリューチェーンに極端な健康上の波紋をもたらした多くの衝撃の一つに過ぎません。 テロ、異常気象、政治から金融危機まで、脆弱性はどこにでも、どこにでも存在する。 このような衝撃的な損失を目の当たりにした企業は、サプライチェーン・マネジメントにおいて、反応的ではなく、よりプロアクティブなレジリエンス戦略を模索する必要に迫られています。

将来の仮説に備えるには投資が必要ですが、そのコストはビジネスの長寿化という大義名分のもとでは微々たるものです。 テクノロジーは、効率化につながる投資の1つです。 グローバルメーカーは、サプライチェーンの透明性、俊敏性、制御性を高めるために、さまざまな分析技術やAIベースの技術を導入しています。 これらの投資は、コストとリスクの削減だけでなく、生産性と収益性の向上にもつながることが証明されています。

本イベントでは、グローバルなサプライチェーンの流通とソリューションの専門家をお招きし、現在の問題点、潜在的な混乱に対する計画の立て方、サプライチェーンの総合的な可視化によって戦略を転換するための警告サインを得る方法について講演していただきます。本イベントの詳細と講演者との交流は、以下のリンクをクリックしてください。

ライブの日程に間に合わない?登録すると、対話の録音が送られてきて、自由に聴くことができます。