コバルトとMICAの報告書テンプレートが段階的に廃止へ

By: SiliconExpert 2022年5月31日

2022年5月31日更新 -2022年4月1日をもって、Responsible Minerals Initiative(RMI)は、コバルト報告テンプレート(CRT)およびマイカ報告テンプレート(MRT)の使用を正式に廃止しました。現在では、無料の「拡張鉱物報告テンプレート」が主な報告テンプレートとして利用可能です。以下の参考文献からダウンロードしてください。

 

2022年3月8日-。Responsible Minerals Initiative(RMI)は、コバルト報告テンプレート(CRT)およびマイカ報告テンプレート(MRT)を2022年3月31日に段階的に廃止することを発表しました。

RMIは2021年10月に、中に含まれる様々な鉱物のそれぞれのテンプレートを使用する代わりに、拡張鉱物報告テンプレート(EMRT)をリリースしました。 CRTとMRTの廃止により、メーカーは代わりにEMRTを利用せざるを得なくなります。

EMRTとは?

EMRTは、コバルトとマイカのサプライチェーンに関する問題を特定し、デューデリジェンス情報を収集するための無料の報告テンプレートです。コバルトとマイカの製造者は、材料が倫理的かつ責任を持って調達されていることを示すために、これらの鉱物テンプレートに記入する必要があります。OEMメーカーや生産者は、これらの報告書を確認することで、コンプライアンス規制に違反していないことを確認することができます。

以下の参考文献のリンクをクリックして、EMRT v1.02をダウンロードし、このフェーズアウトへの準備を確実に行ってください。

 

SILICONEXPERT P5 コンプライアンス・オファリングを利用して、常に情報を入手する

SiliconExpert P5 は、Part Search およびBOM Manager 製品内で、コンプライアンス タブの下にある堅牢なコンプライアンス データセットを提供します。 コンプライアンスに関するより深い洞察については、SiliconExpert P5 のアドオンモジュールであるSiliconExpert コンプライアンスモジュールをご覧ください。

SiliconExpert 赤のCTAボタン 詳細ボタン 透明背景

"コバルトとマイカのサプライヤー報告には、EMRTをご利用ください。RMIは2022年3月31日にコバルト報告テンプレート(CRT)とマイカ報告テンプレート(MRT)を段階的に廃止し、その時点でこれらの特定のウェブページはオフラインになります。"

レスポンシブルミネラルイニシアティブ(RMI)

参考文献

EMRTの最新版をダウンロードできます: https://www.responsiblemineralsinitiative.org/reporting-templates/emrt/

EMRT 1.02に関する前回の記事: https://www.siliconexpert.com/blog/emrt-v102/

現在のSmelter Reference Listです: http://www.responsiblemineralsinitiative.org/smelters-refiners-lists/smelter-reference-lists-export/

EMRT 1.01に関する前回の記事: https://www.siliconexpert.com/blog/emrt-v101/

 

 

ブログを購読する

SiliconExpert' テック・アップデートから最新情報と見識を受け取る74,000人以上の電子部品リーダーに加わりましょう!今すぐ登録して、業界の最新トレンド、技術アップデート、ホワイトペーパー、リサーチ、インフォグラフィックス、イベント、ウェビナーなどの記事にアクセスしましょう。

今すぐ登録する

3